『7つの習慣』に生きる

スティーブン・R・コヴィー博士による『7つの習慣』を身に付けたい40男の備忘録的ブログです。

どちらの種に水をやり続けるのか

先日とある本で下記の言葉を見つけました(書籍では「中国のことわざ」と紹介)。 『未来に咲く花はすべて、今日まく種の中に眠っている(そして雑草もまた同じ)。あなたはどちらの種に終日水をやり続けるのか?』 7つの習慣(完訳版)P47にも紹介されてい…

他人との比較

7つの習慣を実践していくと、ある時から他人との比較が気にならなくなります(勿論向上心として他の人から学ぶことは常です)。 それは「私的成功(第1~3の習慣)の習慣」が身についてきている証拠です。 第1~3の習慣が身につくに従い、自分自身の主体性や…

資産を得る能力

人が持ちえる資産は基本的に3つの種類で考えられます。 物的資産、金銭的資産、そして人的資産(人的資産は人間関係と考えて問題ないでしょう)。 その量や内容に差があれ、人は誰しもこれらの資産を得ることを望みます。 『資産を得る=成果を得る』には、…

勘違いしている『自立』

7つの習慣では人間の成長段階として、『依存』『自立』『相互依存』という言葉が出てきます。 その内『依存』と『自立』について少し思うことを記します。 親や誰かに一生懸命反発して『自立』しようとする人がいます。親に対する反発などは、一般的には成…

上向きのプロセス

『あり方を変えることによって見方が変わり、見方が変われば、さらにあり方が変わる、というように螺旋を描きながら上へ上へと成長していく。(7つの習慣(R)完訳版 P49 L10 -習慣の定義-)』 つまりまずは自分自身がどのように”ある"べきなのかというパラダ…

習慣は変えられる

『あなたが今どんな状況に置かれていようと、習慣を変えることはできる。それまでの自滅的な行動パターンを捨て、新しいパターン、効果性、幸福、信頼を土台とする関係を生み出す新たなパターンを身に付けることができるのだ。(7つの習慣®完訳版 P70)』 …

30周年

今年は7つの習慣が発刊されて30周年だそうです。 その間全世界で4000万部、ここ日本でも240万部が売れたとのこと。 30周年を記念して、その名も『30周年記念版』が発売されます。こちらにはコヴィー博士のご子息であるショーン・コヴィー氏の…