『7つの習慣』に生きる

スティーブン・R・コヴィー博士による『7つの習慣』を身に付けたい40男の備忘録的ブログです。

第4の習慣 Win-Winを考える

Win-Win or No Deal

人間関係には六つのパラダイムがあります(参照:人間関係の六つのパラダイム - 『7つの習慣』に生きる)。 その六つ目は「Win-Win or No Deal」です。 書籍では六つのどのパラダイムがベストか?の問いに『ケース・バイ・ケースである』という意外な答えを…

父と子どもの『win-win実行協定』

子どもはもっと自由にゲームをやりたい。親は他にも本を読んだり勉強したり、色々コツコツ努力をしてほしい。 「宿題やったの!!?」「勉強しなさい!!?」「今日はゲーム禁止!!」などなど今も昔も変わらぬ親子の姿でしょう。 親には親の思いがあるとは…

人間関係の六つのパラダイム

人間関係を築くにおいて考えられるパラダイムは六つです。 ① win-win 自分も勝ち、相手も勝つ ② win-lose 自分が勝ち、相手は負ける ③ lose-win 自分が負けて、相手が勝つ ④ lose-lose 自分もまけて、相手も負ける ⑤ win 自分が勝つ ⑥ win-win or No deal 自…

勝者+敗者=ゼロ?

チームで成果を出したいとき、協力と競争、どちらが良いのでしょうか? どちらも大切であることは間違いないでしょう。 ライバルの存在や一定の競争は人のポテンシャルを上げ、かつてない成果を生み出すこともあります。 しかし得てして競争は、勝者と敗者を…